ロフトワークの今を伝えるブログメディア

やっぱりCMSはおもしろい! お祭り騒ぎのCMSプロレス開催レポート

2016年10月29日に、ロフトワーク システムDiv主催の第2回CMSプロレス 多言語サイトタイトルマッチが開催されました。

『多言語サイト最強』をかけたCMS同士のバトルロワイヤルの模様を、写真と共にレポートしていきたいと思います。

CMSプロレスとは?

  • 同じ仕様のサイトを複数のCMSで構築して競うエンターテイメント性の高いイベント
  • 第一線の開発者達がどのように実装したのかを解説つきで観戦
  • CMSの体育祭!

 

まずは、審査員の紹介から。

_dsc6302

ロフトワークの精鋭に審査をお願いしました。

 

お待たせしました、選手入場です!

_dsc6313

concrete5

株式会社富士印刷 concrete5エバンジェリスト 庄司 早香さん
HOLM.design株式会社 concrete5エバンジェリスト 松田 和広さん(Dj Kazu)
concrete5師弟コンビの活躍はいかに?!

 

_dsc6316

Drupal

ANNAI 株式会社 代表取締役社長 紀野 恵さん
Groups.Drupal.orgの日本語コミュニティ グループ管理者。
京都のインテリジェントモンスターは飄々と参上。

 

_dsc6319

WordPress

プライム・ストラテジー株式会社
 経営企画部 マーケティング課 課長 楠木 大三郎さん
 経営企画部 マーケティング課 PR担当 岡田 あすみさん
超高速WordPress環境「KUSANAGIの神速は見逃せない!
そして、秘密兵器「KUSANAGIエバンジェリストのたまご」の正体は?!

 

_dsc6320

Movable Type

アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生さん
CMSの対決イベントに幾度も登壇してきたレジェンド。
Movable Typeのラストサムライは圧倒的パワーで全てを破壊する?!

_dsc6324

TYPO3

株式会社ヒューマンオーク 代表取締役 奥村 英史さん
京都 長岡京からの刺客が、どんな必殺技を隠しているか要注意!

課題サイト

今回、開催当日までに構築していただく課題サイトは「FabCafe MTRL」です。
トップページ、一覧ページ、詳細ページの3テンプレートを用意しましたので、それを使って日本語、英語、中国語(繁体字)の3言語の多言語サイトを構築してもらいました。
コーディングデータはGithubで公開しています。

課題サイト構築環境

プライム・ストラテジーさんのご厚意で、各CMSの多言語サイト構築にKUSANAGI環境をご提供いただきました!

メインイベント 多言語サイトタイトルマッチ!

構築してもらった課題サイトをもとに、どうやって多言語化しているのかを説明してもらいましたが、あの濃密な時間を文章で表現することは到底ムリです。
なので、所感だけをさらっと。

 

concrete5

  • 多言語対応機能は標準で備わっている
  • 言語の追加もGUIの操作だけでできてしまう
  • 翻訳ワークフローのソリューションが追加!

img_5746

 

Drupal

  • 多言語対応機能は標準で備わっている
  • 小規模な多言語サイトを簡単に構築する手法を編み出していた!
  • 更に通常の手法で構築したものまで用意していた(汗)

img_5777

 

WordPress

  • 多言語化にはBogoプラグインを使用
  • WordPressの多言語化に詳しい人に相談
  • やっぱりKUSANAGIは超高速!

img_5759

 

Movable Type

  • PowerCMSは封印
  • 自分の知っているMovable Typeと違う(Movable Typeをカスタマイズ)
  • アルファサードスペシャル、炸裂!

img_5784

 

TYPO3

  • 学習コストの高いドSなCMS健在
  • 対訳式インターフェース!(商用CMSだとライセンスが1千万円クラス)

img_5771

優勝の栄光はどのCMSに?!

3名の審査員による採点の結果、各賞が決まりました。

 

パフォーマンス賞 concrete5

_dsc6543

 

技能賞 Drupal

_dsc6537

 

そして、優勝 Movable Type

_dsc6509

 

今回もかなりの僅差でしたが、戦略を立ててデモンストレーションを準備してきたMovable Type 野田さんの作り込みが、ひとつ抜き出ていたと思います。

 

_dsc6523

 

最後に観客のみなさんから「とても勉強になった」「各CMSの特徴がよく分かった」という嬉しいお言葉をいただきました。でも、一番素敵なことはCMSでこんなに盛り上がることができる人達が大勢いることだと思います。

 

選手のみなさんの参戦レポートなどもあわせて、どうぞ。
CMSプロレスで感じたデモンストレーションの奥深さ – Junnama Online

第2回CMSプロレスに参加してきました。 | Berry22.com

SuperVinylRecords :: CMSプロレス セカンドマッチに参加!!

[ほぼ週刊SA] CMSプロレス&お菓子だけハロウィン 2016年10月31日号 – 広報ブログ | シックス・アパート – CMSソフトウェア、サービスを提供

川竹 敏晴 川竹 敏晴

大学卒業後、システム開発会社にエンジニアとして勤務。Java等を用いて大小様々なWeb系システムを開発。その後、Web制作会社にて数多くのCMS導入案件の開発を担当したのち、2011年にロフトワーク入社。主にCMS導入案件の技術的なサポートを担当している。自他共に認めるCMS好きで、日々新しいCMSの研究を行なっている。>>プロフィール詳細