ロフトワークの今を伝えるブログメディア

DENSO×loftwork!CEATEC出展レポート

こんにちは、ロフトワークの室です。
入社してまだ5ヶ月ですが、実は入社するまでITにはあまり馴染みがありませんでした。
そんな僕がついこの間、国内外のIT技術の一大見本市、CEATECに行ってきたので、レポートをお届けします。

CEATECって?

毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会。

国内外で活躍するITとエレクトロニクス関連企業/団体、及び、ユーザ企業/団体が参加し、時代の先端を行く最新技術や製品の発表/デモを行っています。

会場は国内外の企業ブースで埋まっています。どこを見ても人、人、人・・・!!
IoTやVRなど、今話題の最新技術がたくさんあり、会場を歩き回っているだけでもすごい情報量。
今年はIoTを活用した健康管理サービス等も多く、いよいよIoTが身近な暮らしの中にも実装される気配をビンビンに感じます。

 

さて、そんな会場の中で注目したいのがコチラ、DENSOさんのブース。DENSOといえば、自動車部品で有名な企業ですよね。数あるブースの中でも特にDENSOさんに注目した理由は・・・

 

じゃん!DENSOとloftworkの取り組みを紹介するブース!
実は今年7月から約3ヶ月に渡ってLoftworkとDENSO協同のプロジェクトを進めていたのです。
今回は、その成果を一部展示していただいております。

技術、価値、事業をひらく DENSOPENプロジェクト

DENSOの特許技術である屋内即位システムの活用可能性を、約3ヶ月にわたり、3組のクリエイターとの共創から活用可能性を考え、プロトタイプを作成するプロジェクト。

デンソーが持つ技術力とそして多様なクリエイターのアイディアの組み合わせで、既存の活用領域や、既存の体験を超えた「新しい体験」を生み出すことを目的としています。

↑まずはプロジェクトムービーをご覧ください!

 

 

今回題材となった技術、超音波ビーコン!超音波を利用した高精度な位置即位が特徴です。
駅構内や地下街など、屋内でのナビゲーションを想定して生まれた特許技術です。

 

プロジェクトから生まれた3つのプロトタイプのうち、今回は「子どもの能動的な学び」をテーマにした体験のプロトタイプが展示されています。(写真は弊社2Fでの体験会の様子)

 

実際に会場で体験する弊社石川。糸電話型のデバイスをビーコンにかざして、超音波をキャッチすることで情報を受け取ることができます。

 

来場者の方にも実際に体験していただきました。

 

プロジェクトムービーと実際の体験の様子のデモ動画も合わせて展示いただきました。
位置即位技術×教育という新しい掛け合わせに来場者も興味津々。
今回の展示を通して、多くの人にDENSOの技術の可能性を知ってもらえたのではないでしょうか。

 

技術力と、多様なクリエイターのアイディアの掛け合わせ。
それだけでなく、互いが前のめりに関わるスタンス。
「面白そうだね」を大切に、丁寧にディスカッションを重ねた先にある、クリエイティブジャンプ。
既存の活用領域や、既存の体験を超えた「新しい体験」のきっかけは、好奇心やワクワクなのかもしれません。
そして、そんな気持ちから生まれたモノだからこそ、人を惹きつける魅力があるのかもしれませんね。

 

ロフトワークでは、企業の価値をひらく、オープンコラボレーションの取り組みも多く手がけています。

 

 

室 諭志 室 諭志

京都造形芸術大学卒。美術科教師として公立中学校で美術科と学級担任を経験後、都内NPOにて創業支援、地方創生関連の事業に携わる。2017年ロフトワーク入社。関心領域は、教育、社会福祉、都市計画など。週末はDIYで改装した子どものためのデザイン教室を運営する。好きな工具はエアタッカー。

関連記事